言語の特徴を見極めよう|今ipad開発がアツい!通訳アプリも見逃せない!

アプリ開発に使用されるプログラミング言語4種

最もメジャーな言語がJava

Javaは、スマホアプリ開発には欠かすことのできない言語になります。特に、Androidアプリの開発においては他の追随を許さないほどの人気を獲得しています。

初心者にも扱いやすいJavaScript

JavaScriptは、HTMLやCSSで画面構成ができるので初心者向けです。ただ、高速な処理には向いていないところもありますが、初めて使う方にはピッタリと言えるでしょう。

C#なら高速な処理も可能になる

最近はスマホアプリでも高速な処理が必要になるものも増えてきました。3DCGをバリバリ使ったゲームも多数登場してきていて、C#の高速処理には注目が集まっています。

iOSならSwiftが今後の主流に

iOSアプリ開発には、今まではObjective-Cが使われていました。しかし、Swiftが登場してその流れも変わりました。今後はSwiftがiOSアプリ開発の主軸になることが予想されています。

言語の特徴を見極めよう

IT

計画的にアプリ開発を進めるための手順

スムーズなアプリ開発のためには、まずはしっかりとした仕様書を作ることが必要不可欠です。自分たちが何をどんな風に作っていくのかが分からなければ、順調に作業を進めていくことができません。アイデア出しは仕様書を作る前の段階ですべて終わらせておくのが基本です。途中でいいアイデアが生まれても、それは次回作のために取っておきましょう。あくまでも仕様書通りに作っていくことが、スムーズにアプリ開発を進めるためには一番重要なこととなります。

アプリ開発に必要な技術

アプリ開発には、もちろん高度なプログラミングの知識が必要になります。ですが、必要なものはそれだけではありません。もっと根本的に、そのアプリを作りたいという情熱が必要になります。情熱があるからこそ、デバッグ作業のようなつまらない作業も根気強くやり続けることができるのです。

開発業者を見極めるポイント

アプリ開発を外部の業者に依頼するときには、しっかりとその業者の技術レベルを見極めなければいけません。ホームページには良いことばかり書くのが普通ですから、その会社が関わった過去のアプリを実際にダウンロードして、自分たちの目でチェックすることが大事です。アプリという明白な仕事の結果が世の中に出回っているわけですから、それをチェックしないのは怠慢でしかありません。アプリは少し触るだけでも関わった会社のレベルが分かるものですから、信頼性の高いチェック方法になります。

委託前に確認しておくべきこと

外部委託する前には、その会社の信頼性は確認しておきましょう。数人でやっている会社もありますが、そうしたところは最後まで仕事を完遂させてくれるかも分かりません。最悪の場合は逃げられることもあるので要注意です。しっかりとした技術レベルがあるところに依頼しないと、作品を完成させることすらできない場合があります。

広告募集中