この記事も読まれています

アプリケーション

通訳アプリを有効活用

国際化が進む日本においては、通訳アプリの重要性は右肩上がりです。近年は多数の通訳アプリが登場してきていて、目的に合わせて選択可能です。しかし、すべてのアプリが優秀というわけでもないので、選ぶときには慎重さも求められます。

READ MORE
IT

言語の特徴を見極めよう

スマホ全盛の今、アプリ開発が熱いです。いいアプリを開発することができれば、それだけで一気に会社の規模を大きくすることも可能になります。自分たちでアプリ開発ができないなら外部の会社に頼るのもいいですが、その際には相手の会社の見極めを慎重に行う必要があります。

READ MORE

新着情報

ipadでアプリ開発を

メンズ

より多くの利益を得たいならアプリに注目!

業務を効率化するには、ここ数年飛躍的に進化したスマートフォンやipadのようなタブレット端末、インターネット回線を利用しない手はありません。これらの端末で動かせる自社オリジナルのアプリ開発を行えば、業務の無駄がなくなりより多くの利益が得られます。

アプリ開発は運用までお任せできる業者がおすすめ

もし、自社専用のアプリ開発を業者に委託するのであれば、運用まで面倒をみてくれる業者がおすすめです。アプリなどのソフトウェアにはバグが付きものですので、運用しながらバグ出しを行い、その場で直してもらえば業務効率が下がることはありません。

アプリ開発で企業が得られる5つのメリット

遠隔からの操作で仕事がスピーディー

営業マンが外回りをしている時に、ipadなどのタブレット端末やスマートフォンにて専用アプリによる遠隔操作が可能となりますので、在庫の確認や発注作業がその場で行えるようになり、仕事がスピーディーで確実になります。

人件費の削減につながる

企業での伝票の流れに基づいて専用アプリを開発しておけば、伝票の流れがスムーズとなり、結果的には人件費が削減できてコストダウンにつながります。また、手作業も減りますのでミスも減り質の高い仕事ができるようになります。

社員の管理が楽になる

ipadやスマートフォンにはGPS機能が付いていますので、外出中の社員がどこで営業中なのかもすぐに把握することができ、社員の管理がとても楽になります。もし、急な顧客からの呼び出しがあった場合に一番近くの営業マンに連絡して行かせることが可能となります。

安全にデーターの共有が可能になる!

たとえば、クラウドシステムを利用して企業の重要なデータをクラウドに格納しておけば、タブレット端末やスマートフォンにてクラウドにアクセスして出先からのデータアクセスが可能となります。このシステムでは、端末にデータを入れる必要が無いので端末紛失時も重要なデーターが入っていることは無くセキュリティー面でも安全です。

独自機能を盛り込むことが可能

企業がオリジナルでアプリを開発した場合は、その企業で頻繁に必要な機能を盛り込むことができます。たとえば、外国人と接することが多い企業であれば通訳機能などを実装しておけば、タブレット端末を経由して外国人ともスムーズに意思の疎通が図れます。

広告募集中